Loading…

ブログBlog

Blogブログ

2020.08.03甘いものを食べるとしみる!!虫歯なの?


甘いものを食べたり、冷たいものを口に含んだ際、しみるのが一般的には虫歯の兆候だとされています。
虫歯によってエナメル質が溶けてしまい、実質的な溶解(脱灰)を伴って象牙質まで蝕まれてくると治療が必要になります。

ところで、初期虫歯ってご存知ですか?
これは見た目上はほとんど問題なかったり、エナメル質の透明層が一部白濁してくることもあります。
この初期虫歯はまだ、自然治癒の可能性があります。

甘いものを食べると虫歯菌は乳酸を産出することによって歯を溶解(脱灰)するので、しみる感じがするのです。
ところが、その後ちゃんと清潔にしていてもらえれば、唾液中のリンとカルシウムを再吸収(石灰化)して自然治癒するといわれています。
これはあくまでもレントゲンに撮影されないぐらい初期の現象ですが、多くの方の口腔内ではこのような現象が日々起こっていると、言われています。

甘いものでしみだしたら”気のせい??”ではなく、さらなるブラッシングを心掛けることで再石灰化を促して自然治癒できるように努めてください。

当院の治療は患者さんの口腔内全体の状況を把握して、初診時から治療をしていく方もあれば、フッ素塗布やブラッシング指導から開始して虫歯の動向を把握しながら、患者様一人一人に適切な対応を心掛けています。

削って詰めるだけが治療ではないのです。

2020.08.02検診で虫歯かも?と、いわれたら


明らかに歯が欠けていたり、レントゲンにはっきりと写っていれば治療が必要ですが、単なる裂溝(歯の溝)の着色だったりすることが多く存在します。

ここは科学的にはっきりさせたいところです。

 

当院ではKAVO社のダイアグノデントを使い虫歯の進行度を数字化して判定します。

この機械は患部にレーザー光線をあて反射のスピードを測ることによって,虫歯の進行度を数字化して治療の必要度を判定します。

 

この機械で測定してみると検診でひっかかった患歯も、ほとんどが着色で治療の必要がないことが判明したりします。

 

出来る限り削らない、自然が一番。自分の歯は科学的な根拠でもって守っていきましょう。